リコピンの効果と副作用

リコピンの効果と副作用

トマトの赤い色素の正体である成分・リコピン。

 

リコピンにはどんな良い点があるのでしょうか?
また、良い点があるとしても良くない点はないのでしょうか?

 

酸化と活性酸素と抗酸化作用

 

酸素は生きていく上で必要不可欠な物であるにも関わらず、酸素と結びつくことが良い結果になるとは限りません。酸素と結びつくことを酸化と言い、鉄が酸化するとサビが生じますし、果物が酸化すると茶色く変色します。

 

また、酸素に触れていると酸化するため、酸素が必要不可欠な存在である人間は実感がなくても酸化しています。そして、酸素の中でも酸化する力の強い物を活性酸素と言います。

 

その活性酸素に抗う・消す作用こそが“抗酸化作用”であり、トマトに含まれるリコピンは単に抗酸化作用を持っているだけでなく非常に優秀な抗酸化作用であるという特徴があるのです。

 

抗酸化の具体例と副作用

 

抗酸化が体にとって良いこととはいえ、具体例を挙げないことにはどんな風に良いのかいまいちわかりづらいですよね。

 

しかしながら、抗酸化の具体例の前に、酸化の具体例を挙げます。

 

血管の酸化→動脈硬化
細胞の酸化→ガン

 

つまり、人間の体が酸化するということは健康が害されるということなんです。逆に、抗酸化させるということは健康をキープすること。

 

酸化が避けられないなら、抗酸化作用を積極的に取り入れれば、健康が害されるのを予防できます。ビタミンEなども抗酸化作用を持っているのですが、リコピンの抗酸化作用はビタミンEのなんと100倍!それでいて、副作用は特にないと言われています。

 

美肌効果も持つリコピン

 

リコピンの抗酸化は健康面だけでなく美容面にも発揮されます。

 

紫外線を浴びることでも活性酸素が発生し、シミやたるみを悪化させます。逆に言うと、リコピンの抗酸化作用を取り入れればシミ・たるみの予防になります。